医者向け転職支援サービスの活用法!

非公開求人とは?

医師向けの転職支援サービスを見ていると、非公開求人という言葉がよく出てくるかと思います。非公開求人ってどういうことかご存知ですか?

 

非公開求人が何かと言われたら、その名前の通り「一般には公開さてていない、登録者にだけ見せる隠れた求人です。

 

なぜ非公開にされているのか?

そこでおそらく疑問として出てくるのは、なぜ非公開にされているのか?ということですよね。非公開にされている理由はいろんなパターンがあるとともに、いくつかの理由があるのです。

一般公開しないである程度応募者を限定

一般公開すると応募者が殺到してしまう可能性がある求人については、病院側もその応募者一人ずつに面接、書類選考などをせねばならずそれだけ人件費もかかります。そこで求人を非公開にして転職支援サービス会社に託すことで、コンサルタントがある程度医師側の希望条件を聞いたうえで経歴等が病院の希望するところと合致する医師のみを推薦する。

 

病院側はもちろん転職支援サービス会社に手数料を支払うわけですが、選考人数を絞れて人件費も削減できることを考えれば非公開求人として出しておくメリットは存分に得られるわけです。

 

逆に言えば人気の出そうな好条件求人は非公開で募集されていることが多いので、これだけ見ても転職支援サービスを利用するメリットが高いことがわかるでしょう。

病院側も募集状況を隠したい場合がある

例えばいつまでもずっと同じ求人が掲載されているのを知ると、医師側も「この求人は何か問題があるんじゃないか?」等と勘ぐってしまいます。確かに不人気で残っている場合もありますが、単純にマッチングが悪くたまたま応募者が見つからない場合もあります。ですから病院側としても長々と募集していることを見られるのは損にしかなりませんから、非公開求人として一部の登録者だけが見られる形で公開しているわけです。

現在勤務中の医師と条件が異なる募集がある

募集している勤務条件が現在勤務している医師と異なる場合、万が一勤務中の医師がそれを見つけるとトラブルになりかねません。そういったことを避けるために、条件を変えて募集をかけたい場合には病院側は非公開求人として募集をかけます。そうすることで医師間での不公平感を抱かせないようにしているのです。

重役ポストの求人も非公開求人

ある病院の院長クラスの募集がある場合もあります。その場合、公に「院長ポスト募集」などと応募をかけているとこの病院院長になる人がいないのかな?こんなのが公にされているなんて怪しい、などの印象を抱かれがちです。なのでこうした重役ポストの求人も出来るだけ公開対象を限定して募集をかけた方が成約も決まりやすく、お互いのプラスになってくるわけです。

 

非公開求人には好条件、穴場求人が多い

上記の理由から非公開求人は人気の出そうな好条件の求人の割合が多くなっています。自分で口コミだけで探すのでは見つからない求人ですから、非公開求人を探すためには転職支援サービスを活用するしかないのです。特に常勤転職を探す場合には非公開求人で好条件求人が見つかる可能性が高いですから、色々なサイトに登録して探してみることをおすすめします。
参考:常勤転職探しのコツとポイント